キャンプにカヌーに焚き火。片手にビール!


by gocamp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

最新の記事

7月海の日3連休キャンプ〜沙..
at 2016-08-24 15:21
2016年春の暮らし
at 2016-06-11 23:00
新しい相棒〜2016年3月末..
at 2016-06-10 21:00

カテゴリ

はじめまして
キャンプ
カヌー
おそとごはん
おうちごはん
暮らし

以前の記事

2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アウトドア
北海道

画像一覧

<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヱビスの日キャンプin オートリゾート苫小牧アルテン

b0210322_21544380.jpg


今年から2月25日は、「ヱビスの日」です。
大好きなヱビスビールの記念日が、制定された記念にキャンプに行きました。

北海道の冬キャンプは、通年営業しているキャンプ場が少ないので、限られた場所になります。

今回は、太平洋側で積雪の少ない苫小牧市の「オートリゾート苫小牧アルテン」でコテージを借りて、7人キャンプです。


b0210322_21544588.jpg


苫小牧。。。まさかの豪雪です。

それでも、タープを立てて中にアルパカストーブと友人のストーブの2台使いで、焼肉をしました。
冷えてきた身体を温めるキムチ鍋に助けられ、お酒を飲んで楽しい宴会。


b0210322_21544650.jpg


降り止みそうもない雪を眺めながら、コテージのドア閉めるとふわぁっと暖か。
文明の利器に感謝をしながら。。。
昔の暖房がない時代に思いを馳せながら。。。
ぬくぬくのお部屋で、シュラフに包まりぐっすり。

b0210322_21545629.jpg


翌朝はトラメジーノでピザホットサンド。
中の熱々とろとろチーズにピザ味の濃さが、冬の朝食らしく美味しかった!

b0210322_21544876.jpg


一晩中降り続いた雪。
気温も低くすっかり凍りついていて、全然雪を落とせません。
b0210322_21545468.jpg


相棒も雪まみれ。

b0210322_21545594.jpg


苫小牧では珍しい、大雪の中でのキャンプも良いものでした。


b0210322_21545541.jpg

[PR]
by gocamp | 2012-02-26 21:54 | キャンプ

カヌー制作日記15〜手づくりカヌー工房〜

b0210322_21323937.jpg


嬉しくて、楽しくて大はしゃぎした進水式の翌朝。
すっかり二日酔いの重たい頭を抱えて、早朝カヌーに行きました。


b0210322_21324038.jpg


朝の洞爺湖は、大抵凪で綺麗な鏡の湖面です。


b0210322_21324013.jpg


完成したばかりのカヌーの上でのんびりすると、すっかり二日酔いも吹き飛びました。
[PR]
by gocamp | 2012-02-23 21:26 | カヌー

カヌー制作日記⑭「進水式」〜手づくりカヌー工房〜

ほぼ半年かかって作ったカヌー。

b0210322_220512.jpg


2011年9月18日


曇りで小雨も降るなか、進水式をしました。

同時期に完成した方と合同進水式となりました。

b0210322_2205731.jpg


5ヶ月以上も寝かせたシャンパン(張り切って、カヌーを作り始めてすぐに買って置いたのです)を船首と船尾にかけて、水の神様にご挨拶。

b0210322_220526.jpg


お世話になった皆さんにシャンパンを振る舞い、乾杯。

b0210322_220544.jpg


完成した事。たくさんの方が集まってくださった事。今のこの状況が嬉しくて、感激して。
ドキドキした胸を抱えながら、さっそく洞爺湖に浮かべて、漕ぎ出しました。

b0210322_2205498.jpg


ちゃんと浮いた!!自分のカヌーだからひいき目だけれど、安定している上に漕ぎやすく、ぐんぐん進みます。


b0210322_2205593.jpg



その後は、知人の子供達に真ん中に座ってもらって乗ったり、大好きなお友達に乗ってもらったり。
お世話になった、カヌー工房の方に乗ってもらって、湖に浮いている自分のカヌーを見てみたり。


b0210322_2205595.jpg


大満足の可愛い我が子、陸に上がったらしっかりと洗ってあげました。

b0210322_2205756.jpg


洞爺カヌー工房には、カヌー保管スペースがあります。
保管料をお支払いして、皆の仲間入りをしました。


b0210322_2205680.jpg


良い子にして、皆に仲良くしてもらってねと声をかけ、夜は今までの感謝を込めてお世話になった方々と大宴会をしました。

本当にカヌー制作費用としてお支払いした金額以上の素敵なカヌーが完成したことはもちろん。
たくさんの素敵な方々にお会い出来て、たくさんの感謝で胸がいっぱいになりました。

まさしく「お金で買えない価値がある。」

「カヌーはいつか欲しいけれど、まだ早いかな」と思っていましたが、決断して本当に良かったです。

本当に、本当に幸せな思い出いっぱいの。人とのつながりに感謝いっぱいの2011年となりました。

b0210322_2205624.jpg

[PR]
by gocamp | 2012-02-22 22:50 | カヌー

家仕事

b0210322_2345666.jpg


どんどんアウトドアブログじゃなくなっていく。。。

初めて味噌を仕込みました。
一般的に味噌は寒造りが良いと言われています。悩んで、保存容器に選んだのは野田琺瑯のラウンドストッカー。
2キロ分の味噌だと18センチのサイズでちょうど良い様です。

これには、押し蓋が付いていないので探し歩きました。
見つけたのは100均の落し蓋!日本製で安心。

b0210322_2345789.jpg


玄関の片隅で秋口まで良い子にしていてね。

b0210322_2345757.jpg


まだまだ寒い日が続いているので、ストウブでおでんを作りました。


b0210322_2345821.jpg


出汁さえしっかり取れば、ストウブがどんどん美味しくしてくれる。
おでんは、ストウブの得意料理かもしれません。


b0210322_2345849.jpg

一昨日見つけて、すっかり気に入ってしまったビールと幸せな家仕事の日でした。
[PR]
by gocamp | 2012-02-21 23:05 | おうちごはん

しあわせのパンごっこ〜カフェにて〜

b0210322_20311824.jpg


やっぱり、心に余裕を持ちたい。
のんびり・ゆったり。ほっこりしたい。
ここはやはり、しあわせのパンのようにゆるりと柔らかい時間を過ごそうと、大好きなお店に行きました。


お野菜たっぷりのミネストローネ

b0210322_20311982.jpg


スモークサーモンとクリームチーズのオープンサンド
b0210322_203119100.jpg


細かく刻まれた玉ねぎとピクルスがとても良い。味わい深いライ麦パンとぴったりの組み合わせ。


とろけるチーズとライ麦パン
b0210322_20311912.jpg


カチョカバロとグラナパダーノに卵を落としてある熱々のココットをしっかり混ぜてパンに載せるとたまらない幸せ味。

b0210322_20312076.jpg


チーズやヨーグルト、プリンなどが美味しい乳製品加工の会社が経営しているカフェなので、やっぱりチーズが美味しい。

b0210322_20312082.jpg


コーヒーも美味しく頂いて、お食事のプレートもコーヒーカップとソーサーも、
イッタラの機能美を感じます。

インテリアショップに併設されているので、ゆっくりと眺めて癒されました。
[PR]
by gocamp | 2012-02-20 20:20 | おそとごはん

函館温泉紀行③

b0210322_19561954.jpg


既に函館らしからぬ積雪に驚いていたのに、パンパンに膨らんだ幸せなお腹を抱えてぐっすり眠っている間にも、雪が降り続いていたようです。

雪がちらつく中、札幌に帰ります。
途中で温泉に立ち寄りました。

b0210322_19561985.jpg


とても良いお湯で、どの浴槽もたっぷりと温泉がかけ流されていました。
そして、ほぼ貸切の様な状態。のんびりゆったり出来ました。

さっぱりした後は、柔らかな日差し。

b0210322_19562070.jpg


温泉の駐車場で、ランチにしました。
函館で仕入れてきたソーセージを茹で


b0210322_1956205.jpg


b0210322_19562086.jpg


焼きたてのフランスパンにレバーペーストをたっぷりつけて。


b0210322_1956212.jpg


いまだ「しあわせのパン」の影響を強く受けながらのランチでした。

ゆったり、ほっこりと幸せな気持ちでの帰路。
どんどんと雪が激しくなり。。。
前方の視界が全くきかない状況。当然高速は通行止め。
b0210322_19562124.jpg

暴風雪の予報は知っていましたが、こんなにも激しくなるとは・・・・。
道すがら、4〜10台に渡る追突事故を3件も目撃し、1時間半の立ち往生に出くわし、函館→札幌間を9時間以上かけて帰ってきたのでした。
事故にあわれた方々も、幸い軽傷で済んだようです。

ほっこりした心がドキドキしっぱなしでしたが、今となっては良い思い出!
[PR]
by gocamp | 2012-02-19 19:32 | おそとごはん

函館温泉紀行②

b0210322_21401550.jpg

翌朝早くにやっている温泉を調べて、長万部に寄りました。
こじんまりとした良いお風呂で、「高張性弱アルカリ高温泉」という温泉。
ここで「高張性」や「高温泉」の意味を知りました。
朝早くから日帰りを歓迎してくれる、ありがたい温泉でした。


b0210322_21401679.jpg


さほど吹雪く事もなく、順調に函館到着。
少し早めにお昼にしました。


b0210322_21401880.jpg


ずっと気になっていた天ぷら屋さん。
次々に揚げてくださり、お皿いっぱい。

b0210322_21401883.jpg



早目にチェックインをしたら、本日2度目の温泉へ。
地元の方に人気だという温泉掛け流しの産業通り沿いにある銭湯へ。
本当に混んでいて、地元の方の憩いの場なのだと実感しました。


さっぱりしたら、いつもの大好きなお店へ。



b0210322_21401839.jpg


先ずはビール


b0210322_21401965.jpg


美しい前菜。やっぱりこの三升漬が大好きです。
b0210322_21401937.jpg


お刺身もさすが。山葵が効きます。

b0210322_21402097.jpg


牡蠣とカブの煮物。繊細。
b0210322_21402041.jpg


自分で釣りをしてガヤがかかると、残念な気持ちになりますが、ガヤも丁寧にお料理すると、こんなに美味しくなるんだ!と感激する煮付け。
b0210322_2140206.jpg


絶品天ぷら。この特大マッシュルームがジューシーで最高でした。
クリーミーなタチに、もう香りのある、たらの芽。名残の冬と走りの春を味わいました。

b0210322_21402119.jpg


焼き物は、帆立・牡蠣・里芋
帆立や牡蠣はもちろんですが、この中で際立っていたのが里芋。
香ばしく、ねっとり甘い。滋味です。

b0210322_21402191.jpg


美味しい日本酒も飲んで

b0210322_21402229.jpg


〆は麦飯にとろろ。美味しいつみれのお吸い物。

b0210322_21402349.jpg


お漬物でさっぱりして、千鳥足で帰路につきました。

b0210322_21402392.jpg

[PR]
by gocamp | 2012-02-16 17:00 | おそとごはん

函館温泉紀行①

b0210322_22482072.jpg


週末は、函館へ行って来ました。

張り切って金曜日の仕事終わり、21時に札幌を出発しました。
今回は、留寿都の道の駅で車中泊を敢行!
b0210322_22481961.jpg

11時頃に、手作り感あふれる車中泊用寝床を整えたら宴会です。
使い捨てられる器(エコじゃなくてゴメンなさい)に爪楊枝に刺したおつまみを詰め込みました。
うずら卵の燻製やチーズ、きゅうり、トマト、自分で燻製をかけた竹輪に奥にはカイワレをまいた生ハム。
b0210322_22481883.jpg


帆立に枝豆、砂肝のオイスター炒め。
b0210322_22481889.jpg


帆立ご飯は、一口おむすびに。

b0210322_22481899.jpg


夜遅くでも、パクパク食べてしまう、ちょっと危険なご飯でした。


翌朝。
寒さも感じず、熟睡。どこでも眠られる図太い神経に感謝!

結構雪が降った様で、雪を払った後も愛車は何だか寝ぼけ顔に見えました。
b0210322_22481934.jpg


朝6:30分に留寿都を後にしました。
[PR]
by gocamp | 2012-02-12 22:18 | おそとごはん

「しあわせのパン」ごっことチーズ

大好きな洞爺が舞台になっている映画「しあわせのパン」を見に行きました。
美しい洞爺湖に四季折々の景色。
美味しそうなパンの数々に優しい香りのお料理がたくさん!!

やっぱりパンが食べたくなります。
札幌駅近くの大好きなパン屋さんへ行きました。

b0210322_20253333.jpg


バターはたっぷりつけたいところ。
これまた大好きな素晴らしいバター。


b0210322_20253386.jpg


そして、先日購入した白糠酪恵舎さんの「リコッタサラータ」というチーズを様々に活用しました。
このチーズは、リコッタチーズの塩漬け。
チーズというよりは、ミルキーでこっくりしたお塩の様です。

店員さんおすすめの一品。枝豆にオリーブオイルとリコッタサラータ。

b0210322_20253456.jpg


野菜が高いけれど、やっぱり野菜は大好き。農家さんに敬意をはらい、赤軸ほうれん草のサラダ。
フライパンでじっくり煎った松の実とリコッタサラータ。

b0210322_20253418.jpg


映画にも出てきていたゆりねのコロッケ。
真狩産の立派なゆりねを湯がいて潰し、
少しの生クリームとリコッタサラータをいれて、細かく挽いたパン粉をまとわせました。


b0210322_20253535.jpg



デザートには、冬にやっぱり恋しくなる雪見大福にリコッタサラータ。

b0210322_2025359.jpg


しあわせのパンを見習って、ゆっくり優しい気持ちで丁寧に作ったからでしょうか。
とってもゆったりとした気持ちでワインを飲みながら、良いディナーとなりました。

毎日温かく穏やかに暮らしたい。心からそう思いました。
[PR]
by gocamp | 2012-02-06 19:59 | おうちごはん

蕎麦とホルモン

b0210322_21435235.jpg


食べる事が大好き。

好物の一つにお蕎麦があります。
好きだ!となるとしつこく通う方ですが、今年は色々なお蕎麦屋さんへ行き、様々なお蕎麦を味わおうと思っています。

週末のランチ。まずは大好きなお蕎麦屋さんへ。

b0210322_21435317.jpg

噛み締めると、蕎麦の味がずぅんと来る太打麺と

b0210322_21435486.jpg


香りが素晴らしく、喉越しも良い細打麺が選べます。
甘みが強く、香り豊かな蕎麦湯で最高の気分です。


b0210322_21435534.jpg


夜は大好きなホルモン屋さん。


b0210322_2143555.jpg

この日は、小樽の夜を美しく彩る「雪あかりの路」というイベントをしていましたが、食い気が先立ち。。。
ホルモン屋さんへ直行しました。

白く輝く、美しいホルモンを焼いて

b0210322_21435590.jpg


昆布の出汁を感じる蕎麦つゆのようなタレにつけて食べるのが小樽流。

そして絶対に食べたいのがコレ。
b0210322_21435656.jpg


鶏皮でネギを巻いてある「ねぎ皮」。
じわじわ焼いて鶏皮が香ばしくなる頃、ネギが鶏皮の脂を抱きかかえて、甘くジューシーになります。

b0210322_21435684.jpg


美味しいホルモンを食べている時のビールは、ラガーが合うと思うのです。
ここの瓶のサッポロラガーは最高!(もちろんお店には生ビールもあります)


b0210322_21435716.jpg



いい気持ちで2次会へ。

b0210322_21435870.jpg


日本酒に合いそうな肴がたくさんありましたが、お腹がいっぱいなので厳選して。

うかうかしているとあっという間にシーズン終わりを迎えてしまうタチと
b0210322_21435823.jpg


自家製〆さば。

b0210322_21435986.jpg




すっか千鳥足でJRに乗り込んだのでした。

翌日のランチもお蕎麦。


b0210322_2144065.jpg


ちょっと珍しい感じのぶっかけ蕎麦です。


b0210322_2144099.jpg


北海道の山わさびが効いているもり蕎麦。


b0210322_2144197.jpg


海苔がものすごく美味しくて、大満足の納豆蕎麦。

蕎麦湯もオシャレな感じ。
選びきれないほど色々なお蕎麦があり、素敵な椅子や器でいいお店でした。
b0210322_2144134.jpg

[PR]
by gocamp | 2012-02-05 22:20 | おそとごはん